SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

京急事故、わずか2日後に復旧の離れ業 社風は「トラブル時こそ…」

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


この事故の結果、トラック運転手(67)が死亡し、乗客33人も軽傷を負った。

朝日新聞は13年2月、「ニュースQ3)大雪警戒、JR東だけ間引き運転 かえって大混乱」の記事を掲載した。

2月6日、首都圏に雪が降るとの予報から、JR東日本は大規模な間引き運転を実施した。

その後、公式サイトで『7日始発までの運転再開』と改められました。

利用客にとっては理想的な私鉄というわけだが、その一方で、時事通信は9月6日、「ブレーキ操作、適切か確認へ=京急事故の脱線列車、踏切前止まれず−運送会社を捜索」の記事を配信した。

出典: 京急事故、わずか2日後に復旧の離れ業 社風は「トラブル時こそ…」 ライブドアニュース


元の記事を読む

関連記事

「地下鉄」のその他の記事

こちらの記事もオススメ