SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

続く児童虐待「児相と警察の情報共有と連携を」 後藤弁護士、怒りの5回目要

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


最近の事例としては、 札幌市 で 6月5日 、池田詩梨( ことり )ちゃん(2)が衰弱死し、傷害の疑いで母親と交際相手の男性が逮捕される事件が起きた。

● 情報提供される対象を「虐待が疑われるすべての事案」に 後藤 弁護士 はこの日の会見前に、児相と 市町村 、警察との全件情報共有と連携した活動をすることを求める要望書を 厚生労働省 に提出した。

今回が5回目の提出になるという。

後藤 弁護士 は、政府の緊急対策( 2018年7月20日 )において、児相から警察に情報提供される対象が「虐待による外傷事案」に限られていることを問題視。

後藤 弁護士 は「児相だけではなく、 子ども や親と接する各機関が、多くの目で危険な兆候がないか見守るべき」と強調した。

出典: 続く児童虐待「児相と警察の情報共有と連携を」 後藤弁護士、怒りの5回目要 ニコニコニュース


元の記事を読む