SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

JRA横山典弘"スピード違反"に議論!? ヴィクトリアマイル(G1)日本レコードも「21日後」に塗り替えられる理由

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


12日に東京競馬場で開催された ヴィクトリアマイル (G1)はノームコアの1:30.5という日本 レコード で決着。

午前中のレースから好タイムが連発するなどレコード決着の下地はあったが、日本レコード更新まで至った最大の"立役者"は、スタートから果敢に飛ばして行ったアエロリットに他ならないだろう。

ゲートはまずまずだったが、そこから横山典騎手が押して押して、やや強引にハナに立ったアエロリット。

以前の日本レコードだった2012年の京成杯AH(G3)の前半800mが45.1秒だったことを考慮しても、さすがに速過ぎた印象だ。

その結果、中団から差し切ったノームコアの勝ち時計は日本レコードを記録。

出典: JRA横山典弘"スピード違反"に議論!? ヴィクトリアマイル(G1)日本レコードも「21日後」に塗り替えられる理由 Business Journal


元の記事を読む