SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

「小枝」がシュークリームになったビアードパパの「小枝シュー」試食レビュー 、まるで「幹」

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


チョコレート菓子としてなじみ深い「 小枝 」がシュークリームになった「 小枝シュー 」が、シュークリーム専門店 ビアードパパ から2019年10月21日(月)より登場しています。

ポキッとした歯ごたえとサクサク食感が特徴の小枝がシュークリームになってどんな味わいになったのか、実際に食べて確かめてみました。

小枝は本当に枝のような細さです。

しかし、チョコレートの厚みに加えパフやアーモンドが全体的に大きいので「サクサク」「ポリポリ」というよりは「ゴリゴリ」「ボリボリ」という歯ざわりで、繊細な枝というより頑丈な「幹」のイメージ。

シュー生地よりもチョコレートの方が存在が強く、小枝のすべての要素をそのまま「大きく・強く」スケールアップしていて、食べ応えある仕上がりになっています。

出典: 「小枝」がシュークリームになったビアードパパの「小枝シュー」試食レビュー 、まるで「幹」 GIGAZINE


元の記事を読む

関連記事

こちらの記事もオススメ