SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

草間彌生のドキュメンタリー映画『KUSAMA: INFINITY(原題)』苦悩の人生と創作に

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


『KUSAMA: INFINITY(原題)』は、日本を代表する前衛芸術家・草間彌生を追った、アメリカ制作のドキュメンタリー映画だ。

60年以上にわたり独自の芸術を表現し続け、世界で最も有名な芸術家の1人となった彼女だが、その人生には数々の苦悩があった。

第2次世界大戦下の日本で暮らした過去、芸術への情熱を理解されなかった家庭環境、芸術界における人種差別や性差別、自身の病...。

幼少期からアメリカへ単身で渡るまで、そしてニューヨーク時代に苦悩しながら行った創作活動。

なお『KUSAMA: INFINITY(原題)』は、2019年11月下旬開業の 渋谷パルコ にオープンするミニシアター、「シネクイント 渋谷パルコ(CINE QUINTO SHIBUYA PARCO)」(仮称)のオープニング作品として上映される。

出典: 草間彌生のドキュメンタリー映画『KUSAMA: INFINITY(原題)』苦悩の人生と創作に Fashion Press


元の記事を読む