SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

いだてん:シマちゃんの手紙に視聴者号泣…第1部完結も最後は“三島天狗”が「持っていった!」

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


さらに運動会のラストを飾る、オリンピック出場選手による徒競走では、三島弥彦(生田斗真さん)が突如、参戦するという展開もあった。

」「痛快男子のさっそうたる登場しびれるわ」「やっぱり三島天狗が持っていった! 「いだてん」は、日本人が初めて五輪に出場した明治の終わりから、東京に五輪がやってきた1964年まで、およそ半世紀を描くオリジナルストーリー。

勘九郎さんが日本で初めて五輪に参加したマラソン選手の金栗四三、阿部サダヲさんが「東京オリンピック」実現に執念を燃やす政治記者の田畑政治(たばた・まさじ)を演じ、“リレー”形式で主演のバトンをつなぐ。

第24回「種まく人」のあらすじ 金栗四三編が完結… 復興運動会、開催へ!

出典: いだてん:シマちゃんの手紙に視聴者号泣…第1部完結も最後は“三島天狗”が「持っていった!」 MANTANWEB(まんたんウェブ)


元の記事を読む