SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

藤原定家の写本源氏物語の「若紫」見つかる | MBS 関

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


発見されたのは源氏物語が創作された約200年後に歌人の藤原定家が書き写した「定家本」の一つ、「若紫」です。

源氏物語全54巻のうち、定家本は4巻しか確認されていませんでした。

今年2月に三河吉田藩の藩主だった大河内家の納戸で見つかりました。

「若紫」は、光源氏とのちの妻「紫の上」との出会いを描いた巻だけに、紫式部が書いた原文に近いとされる今回の発見は、重要な研究史料になりそうです。

番組へのご意見ご感想、または、お手持ちのビデオカメラ、スマートフォンで撮影した動画を、投稿していただけます。

出典: 藤原定家の写本源氏物語の「若紫」見つかる | MBS 関 毎日放送


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ