SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

ハンセン病、原告以外も補償首相「心からおわび」

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


政府は12日、ハンセン病元患者家族の差別被害を認め、国に損害賠償を命じた熊本地裁判決の控訴見送りに関する安倍晋三首相の談話と政府声明を持ち回り閣議で決定した。

首相は談話で「政府として改めて深く反省し、心からおわび申し上げる」と謝罪し、家族と面会する意向を示した。

談話は家族について「社会で極めて厳しい偏見、差別が存在したことは厳然たる事実だ」と指摘し、判決に基づく賠償を速やかに履行する考えを明らかにした。

偏見や差別を除去する厚相(現厚生労働相)らの義務に関し、らい予防法を廃止した平成8年以降の義務違反を認定した地裁判決は「受け入れられない」とした。

損害賠償請求権がなくなる民法の消滅時効をめぐる判断も「判例に反する」と批判した。

出典: ハンセン病、原告以外も補償首相「心からおわび」 産経ニュース


元の記事を読む