SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

宮市亮がヘディングで今季4点目!長期離脱の井手口がベンチ入り果たす(ゲキサカ)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


1点ビハインドの後半3分、左サイドからMFマルビン・クノルが左足ダイレクトでクロスを供給し、ファーサイドに走り込んだ宮市がヘディングシュートを叩き込み、引き分けに持ち込んだ。

宮市は、1月29日の第19節ダルムシュタット戦(1-2)以来、10試合ぶり今季4ゴール目を記録。

昨年9月30日の第8節ディナモ・ドレスデン戦で負傷交代し、右膝後十字靭帯断裂で離脱していた井手口は、約半年ぶりにベンチ入り。

長谷部誠、フランクフルト今季EL初黒星も「落胆はしていません。

「久保バルサ内定報道」を受けFC東京の大金社長が緊急会見。

出典: 宮市亮がヘディングで今季4点目!長期離脱の井手口がベンチ入り果たす(ゲキサカ) Yahoo!ニュース


元の記事を読む