SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

錦織 大きかったフェデラーとの差。9度のサービスゲームでピンチに[ウィンブルドン](THE TENNIS DAILY)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)の大会9日目、男子シングルス準々決勝で、第8シードの錦織圭(日本/日清食品)が第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)と対戦。

6-4、1-6、4-6、4-6で錦織が敗れ、日本男子としては86年ぶりのベスト4進出はならなかった。

錦織にとっては久しぶりに全力で臨めたグランドスラムの準々決勝だったが、芝の帝王に地力を見せつけられ完敗だった。

サービスゲームでのポイント獲得率は74%で、その多くがサーブだけ、あるいは3球目攻撃で簡単にポイントを奪い、リターンゲームに集中できた。

また次のグランドスラムも期待したい。

出典: 錦織 大きかったフェデラーとの差。9度のサービスゲームでピンチに[ウィンブルドン](THE TENNIS DAILY) Yahoo!ニュース


元の記事を読む