SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

あおり運転の車に追突され大学生が死亡した事件 二審も男の殺人を認定

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


堺市で昨年7月、 あおり運転 で車をバイクに追突させ、男子大学生を死亡させたとして殺人罪に問われた無職中村精(あき)寛(ひろ)被告(41)の控訴審判決で、大阪高裁は11日、懲役16年(求刑・懲役18年)とした1審・大阪地裁堺支部の 裁判 員裁判判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

これに対し、樋口裁判長は今年1月の1審判決を踏襲。

殺意についても、高速で追突すれば死亡の危険は常識的に高いと指摘。

衝突直後に「はい、終わりー」とつぶやく声がレコーダーに記録されており、死んでも構わないという未必の殺意があったと判断した。

あおり運転は、今年8月に茨城県の常磐道で男性が車を止めさせられて殴られるなど悪質な事件も絶えず、警察庁が法改正による厳罰化を検討している。

出典: あおり運転の車に追突され大学生が死亡した事件 二審も男の殺人を認定 ライブドアニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ