SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

「殺人の追憶」華城連続殺人の容疑者を30年ぶり特定、収監中の50代男

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


警察は今年7月、華城連続殺人事件の証拠物件の一部を国立科学捜査研究院に送付し、DNA分析を依頼した結果、証拠物件から採取したDNAと男のDNAが一致したとの報告を受けた。

ただし公訴時効が満了しており、処罰は困難とみられる。

華城連続殺人事件は、1986年9月15日から1991年4月3日にかけて京畿道華城市(当時は華城郡)台安邑一帯で10人の女性が性的暴行された上で殺害された事件だ。

当時、警察が犯人を検挙できず、長期未解決事件として残った。

2003年にはこの事件を基にした映画『殺人の追憶』が公開され、事件が再び注目を集めた。

出典: 「殺人の追憶」華城連続殺人の容疑者を30年ぶり特定、収監中の50代男 朝鮮日報


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ