SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

海自、初級幹部を対象とした「平成31年近海練習航海」実施 3月16日から | フネコ

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


海上自衛隊は、2019年3月16日(土)から5月20日(月)までの期間、初級幹部を対象とした「平成31年近海練習航海」を実施する。

練習航海は、初級幹部に対し、艦上における訓練作業を通じて遠洋練習航海に連接するために必要な基礎的事項を修得させ、艦内生活への慣熟を図り、初級幹部としての素養を育成することや、シーマンシップを体得させ、日本や海上自衛隊の現状を理解させることを目的に実施される。

参加艦艇は、練習艦「かしま(TV-3508)」、「やまゆき(TV-3519)」、護衛艦「いなづま(DD-105)」の3艦。

参加人員は、第69期一般幹部候補生課程修了者の約190名を含む計約700名となる。

航海は3月16日(土)に江田島を出発し、以降順に、柱島沖、神戸、中城、佐世保、大湊、舞鶴、呉、三机、横須賀を巡る予定。

出典: 海自、初級幹部を対象とした「平成31年近海練習航海」実施 3月16日から | フネコ Funeco


元の記事を読む