SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

ホワイトハウスが「トランプ大統領にソーシャルメディアによる言論弾圧を報告するツール」を公開

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


アメリカのホワイトハウスは2019年5月15日、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアプラットフォームで BAN や凍結などによって言論弾圧を受けていると思われた時にトランプ大統領へ報告するサイト「 Tech Bias Story Sharing Tool 」を公開しました。

そのトップページには「あまりにも多くのアメリカ人が、ユーザーポリシーの不明確な違反を理由にアカウントを凍結されたり、詐欺だと報告されたりしています」「あなたの意見がどうであれ、政治的偏見によってアカウントが凍結されたのではないかと疑いがあるなら、あなたの話をトランプ大統領と共有してください」と書かれています。

私たちはシステムの改善に絶えず取り組んでいて、私たちの努力によってTwitterは透明性を保ち続けます」と述べました。

また、トランプ大統領の長男であるドナルド・トランプ・ジュニア氏は、Facebookが陰謀論者の アレックス・ジョーンズ 氏を他の極右系評論家や活動家と共に凍結すると発表したことを受けて、「Facebook上の保守派やその他大手独占企業を意図的かつ計算された形で黙らせることは誰もが恐れるべきことです」と発言しました。

Twitterの関係者によると、この会見には「Twitterにおける オピオイド のまん延など、Twitterの健全性について議論する」という目的があったにも関わらず、トランプ大統領は30分という時間の大部分をかけて、自身のフォロワーが減ったことに対する不満を述べたと 報じられました 。

出典: ホワイトハウスが「トランプ大統領にソーシャルメディアによる言論弾圧を報告するツール」を公開 GIGAZINE


元の記事を読む