SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

JRA顕彰馬は2年ぶりの選定馬なしキタサンブラック「殿堂入り」に5票及ば

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


17年天皇賞・秋を制したキタサンブラック JRAは6月11日、2019年度顕彰馬選定記者投票の結果、選定馬なしと発表した。

今年度の対象は、1998年4月1日から2018年3月31日の間に競走馬登録を抹消した馬で、2017年の有馬記念で有終の美を飾ったG1・7勝馬のキタサンブラック(牡7歳)が新たにその対象となったが、得票数は140票。

顕彰馬とは1984年に、JRAの発展に多大な貢献があった過去の名馬の功績をたたえる目的で設置された。

1999年までは顕彰馬選考委員会の審議により決定されていたが、2000年以降は報道関係者の投票(1人最大4頭)となり、総投票者の4分の3以上の票数を得れば選出される。

過去の顕彰馬は、選定対象4年目の昨年に選定されたロードカナロアまで33頭。

出典: JRA顕彰馬は2年ぶりの選定馬なしキタサンブラック「殿堂入り」に5票及ば スポーツ報知


元の記事を読む