SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

京急踏切衝突、事故直前現場に京急社員2人車両の構造や脱線防止ガードが被害抑制

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


神奈川県が詳しい状況を調べている。

京急は7日未明、事故車両を現場から撤去。

事故直前に現場にいた社員2人は踏切近くの「神奈川新町乗務区」に勤務する運転士(44)と車掌(24)。

事故現場は通常、時速120キロで走行する区間で、電車の男性運転士(28)がブレーキをかけたが間に合わなかった。

トラックは先頭車両にぶつかられた弾みで激しく回転、本橋運転手は車外に投げ出された。

出典: 京急踏切衝突、事故直前現場に京急社員2人車両の構造や脱線防止ガードが被害抑制 ZAKZAK


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ