SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

M&Aの再開も視野ライザップ瀬戸社長

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


その上で、自身を除く全取締役を社外から招くなど、事業拡大には堅実に挑む姿勢も強調した。

同社が15日発表した平成31年3月期連結決算は、最終損益が193億円の赤字(前期は90億円の黒字)だった。

瀬戸氏は、15年に始めたおからクッキーの販売以降、19年に買収した美容機器会社など健康増進関連事業を拡大。

24年に始めた減量ジム事業がテレビCM効果で急成長すると、他業種にも買収の手を広げて注目された。

その上で、本業の減量ジム事業は好調に成長していると強調。

出典: M&Aの再開も視野ライザップ瀬戸社長 産経ニュース


元の記事を読む