SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

広島・野村また背信投球…プロ8年目で最短初回5失点KO1死も取れずに4点失い、1回で49球投げる(スポニチアネックス)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


1回KOはプロ8年目にして自己最短。

味方打線が初回に主砲・鈴木の左中間二塁打で1点を先制。

6番・渡辺は見逃し三振に仕留め、7番・清宮も一ゴロで2死までこぎつけたが、8番・清水に右前打された2死一、三塁から9番・中島に左前適時打を浴びて5失点目。

野村の投球内容は1回で打者9人に49球を投げ、6安打5失点。

5月21日の中日戦(三次)は7回無失点と好投して3勝目を挙げたが、5月28日のヤクルト戦(神宮)は4回途中6失点KO、前回登板の6月4日西武戦(メットライフD)も2回に一挙4点を失うなど6回4失点と背信投球が続いている。

出典: 広島・野村また背信投球…プロ8年目で最短初回5失点KO1死も取れずに4点失い、1回で49球投げる(スポニチアネックス) Yahoo!ニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ