SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

先場所優勝の朝乃山、三役昇進ならず…阿炎と竜電は新小結 : スポーツ

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


記者会見で番付表を手にする朝乃山(24日、愛知県蟹江町で)=尾賀聡撮影 大相撲名古屋場所(7月7日初日・愛知県体育館=ドルフィンズアリーナ)の番付が24日、日本相撲協会から発表された。

竜電は十両から序ノ口まで転落した力士では、史上初めて新三役に昇進した。

先場所、平幕優勝の朝乃山は東前頭筆頭に番付を上げたが、三役昇進はならなかった。

横綱在位が史上10位タイの32場所となる鶴竜が東正横綱となり、先場所全休の白鵬は西。

栃木県出身の貴源治が新入幕を果たし、豊ノ島と琴勇輝は幕内に戻った。

出典: 先場所優勝の朝乃山、三役昇進ならず…阿炎と竜電は新小結 : スポーツ 読売新聞


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ