SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

バルセロナ、ついにグリーズマン獲得か。移籍解除金150億円支払い完了と仏紙報じ

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのバルセロナ移籍がいよいよ目前に迫っているようだ。

11日付けのフランス紙『レキップ』は、バルセロナがグリーズマンの移籍解除金1億2000万ユーロ(約150億円)をスペインサッカー連盟に支払ったと報じている。

またスペイン紙『アス』ではバルセロナが様々な方法で資金を調達した模様で、職員に払われる7月分の給与が通常通りに振り込まれない可能性を伝えている。

するとスペインメディアはクラブがグリーズマンに対し罰金処分を与える事になったと伝えていた。

しかし今回、当初から移籍際の大本命とされてきたバルセロナが解除金を支払った事で、グリーズマンの移籍騒動も終焉を迎える事になりそうだ。

出典: バルセロナ、ついにグリーズマン獲得か。移籍解除金150億円支払い完了と仏紙報じ フットボールチャンネル


元の記事を読む