SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

チェルノブイリの国ウクライナが原発を使い続ける理由

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


さて、そのゼレンスキー大統領は6月10日、ウクライナ北部にあるチェルノブイリ原子力発電所を訪問しました。

ここは自然が再生している地球上でも稀有な土地であり、世界の学者、環境専門家、歴史家、旅行者たちに、それを見せてあげる必要がある。

実際、2000年代には、天然ガスの供給と輸送の条件を巡って両国が対立し、ロシアがガス供給でウクライナを揺さぶる「ガス戦争」も勃発しました。

むろん、チェルノブイリを体験した国として、できることなら原発なしで生きたいという願望はあると思いますが、それよりもやはり「極力ロシアに依存しないでエネルギーを賄う」という課題の方が、喫緊なのでしょう。

ウクライナの原発はソ連時代に設計・建設されたものであり、技術的な要因や諸事情から、TVEL社がウクライナ向け核燃料の供給を独占する時代が長く続きました。

出典: チェルノブイリの国ウクライナが原発を使い続ける理由 朝日新聞GLOBE+


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ