SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

Googleのお抱えハッカーがWindowsのバグを発見、深刻度は低いがサービス拒否状態に陥る恐れあり

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


S/MIME 、 authenticode 、 IPsec 、 IIS などはSymCryptによる暗号化を使用しているので、VPNやMicrosoft Exchange Serverを実行しようとしたタイミングで、発見された脆弱性を使って デッドロック に陥らせてサービス拒否(DoS)状態に陥らせることが可能とのこと。

オーマンディさんはこの「比較的深刻度が低い」というバグをMicrosoftに報告。

報告を受けてMicrosoftは90日以内に修正することをオーマンディさんに約束しましたが、期日までに修正が行われなかったため、オーマンディさんはバグの情報をTwitterで発表しました。

Microsoftの広報担当者はInfosecurity Magazineに対して「Microsoftは報告されたバグにできる限り早く対処するよう責任を持って取り組んでいます。

なお、オーマンディさんによるとこのバグは「比較的深刻度が低い」とのことです。

出典: Googleのお抱えハッカーがWindowsのバグを発見、深刻度は低いがサービス拒否状態に陥る恐れあり GIGAZINE


元の記事を読む

関連記事

こちらの記事もオススメ