SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

村田王座奪還2回TKO勝ちでリベンジ(2019年7月12日)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


ボクシングのダブル世界戦が12日、エディオンアリーナ大阪で行われ、WBA世界ミドル級タイトルマッチでは前王者で同級4位の 村田諒太 (33=帝拳)が王者ロブ・ブラント(28=米国)に2回TKO勝ち。

米ラスベガスでの王座陥落から266日目の再戦でリベンジを果たし、失ったベルトを取り戻した。

気持ちは「98%ぐらい」引退に傾いた。

「これが最後の試合になるのか、村田をもっと見たいと言われるのかジャッジされる試合」と覚悟を持って臨んだ大一番。

世界王座から陥落した日本人の再戦での王座返り咲きは過去に14回トライして4回しか成功していない“難関”だったが、見事に突破してみせた。

出典: 村田王座奪還2回TKO勝ちでリベンジ(2019年7月12日) BIGLOBEニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ