SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

千葉小4虐待死母親初公判「長時間立たせ、床に打ち付けた」検察側冒頭陳述

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が1月に自宅浴室で死亡した虐待事件で、傷害幇助(ほうじょ)罪に問われた母のなぎさ被告(32)の初公判。

検察側は16日、冒頭陳述を行い、父の勇一郎被告(41)=傷害致死罪で起訴=による虐待の状況を明らかにした。

千葉地裁での初公判で行われた検察側の冒頭陳述によると、なぎさ被告と勇一郎被告は平成20年に結婚。

29年11月、心愛さんは学校アンケートで「父からの暴力」を訴えて児童相談所に一時保護され、家族から引き離された。

この際も、なぎさ被告が「虐待を認識していたが対処しなかった」とする。

出典: 千葉小4虐待死母親初公判「長時間立たせ、床に打ち付けた」検察側冒頭陳述 産経ニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ