SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

ブレイザーズがNBAプレイオフ史上2度目となるクァドラプル・オーバータイムの激闘を制

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


5月3日(日本時間4日)にモーダ・センターで行なわれたデンバー・ナゲッツ対ポートランド・トレイルブレイザーズのウェスタン・カンファレンス・セミファイナル第3戦は、NBAプレイオフ史上2例目となるクァドラプル・オーバータイムの末に、ブレイザーズが140-137で勝利した。

第4オーバータイム終盤に勝利を手繰り寄せる3ポイントショットを成功させたロドニー・フッドは、クリーブランド・キャバリアーズに所属した昨季、プレイオフを通じて不振に喘いだ。

「自分がポートランドでプレイするようになって、今日のような状況を迎えるなんて考えたこともなかった。

前に家族が試合を観に来てくれたときに多くの観客が悲しい顔をしていたのを目にしたけれど、今日のような試合を経験できて、とても感激している」。

ブレイザーズ(2勝1敗)は、CJ・マッカラムがプレイオフ自己最多に並ぶ41得点に加え、8リバウンド、4アシスト、4スティール、デイミアン・リラードが28得点、6リバウンド、8アシスト、エネス・カンターが18得点、15リバウンド、モーリス・ハークレスが15得点、10リバウンドで勝利に貢献した。

出典: ブレイザーズがNBAプレイオフ史上2度目となるクァドラプル・オーバータイムの激闘を制


元の記事を読む