SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

仮想通貨交換所「ビットポイント」で暗号資産35億円相当のハッキング被害が発生(山本一郎)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


リミックスポイント社(東証二部上場)は、傘下子会社である株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨交換所「BITPoint」にて、暗号資産の不正な流出があり、被害額は35億円相当になると発表しました。

さらにややこしいことに、情報セキュリティ格付会社である アイ・エス・レーティング社 から、ビットポイントジャパンはセキュリティの堅牢さにおいて上から3番目の「A」判定を得ていました。

今回、ビットポイントジャパン社から流出した暗号資産については、その攻撃による流出先について個別具体的な情報はまだ開示されておらず、金融庁も今日早々に資金決済法に基づく報告命令を出すと報じられています。

見る限り、リミックスポイント社やビットポイントジャパン社が最善の手配をしていた割に、結果が最悪に近い状況であるホットウォレットから顧客資産25億円相当を含む35億円相当の暗号資産が流出するというのはちょっと気になります。

2019 年7月 12 日 2時 00 分頃 リップル以外の仮想通貨についても不正流出を確認。

出典: 仮想通貨交換所「ビットポイント」で暗号資産35億円相当のハッキング被害が発生(山本一郎) Yahoo!ニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ