SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

錦織、86年ぶりの4強逃すフェデラーに逆転負け

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


テニスのウィンブルドン選手権第9日は10日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで、男子シングルス準々決勝が行われ、第8シードの錦織圭(日清食品)が第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)と対戦し、6―4、1―6、4―6、4―6で敗れた。

同種目の日本勢として、1933年大会の佐藤次郎以来、86年ぶりの4強入りを逃した。

フェデラーは、ウィンブルドンで通算100勝となった。

「ユー、やっちゃいなよ」 クールビズのキーアイテム③ かわいいのヒミツ シカゴのアートスポット巡り ナマズがあったら超ラッキー! 伯父が映っていました キャンプ車に"トイレ"必要?

出典: 錦織、86年ぶりの4強逃すフェデラーに逆転負け 朝日新聞


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ