SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

銀座高級クラブママら脱税容疑で告発2億8600万円の法人所得隠す (2019年5月15日)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


法人税約6700万円を脱税したとして、東京国税局が、東京・銀座の高級会員制クラブのママで派遣会社「ダブルファイブ」( 東京都港区 )の青木のり子代表取締役(38)=同区=と同社、税務申告に関わった天野文彦税理士(47)= 千葉県 柏市=を、法人税法違反容疑で千葉地検に告発していたことが明らかになった。

同国税局によると、青木代表は店側から得る報酬の税金対策のために同社を設立。

天野税理士に依頼して2012年4月~17年10月、報酬の一部を除外するなどして約2億8600万円の法人所得を隠し、脱税した疑いが持たれている。

青木代表は毎日新聞の取材に代理人弁護士を通じ、「一部見解が異なる点もあったが、指導に従って修正申告と納付を完了した。

今後は適正な税務申告に努める」とのコメントを出した。

出典: 銀座高級クラブママら脱税容疑で告発2億8600万円の法人所得隠す (2019年5月15日) エキサイトニュース


元の記事を読む