SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

山口達也、激変報道…会話困難&激太り寸前で困窮生活、TOKIOへ復帰も絶望的

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


本日発売の「女性セブン」(小学館/5月30日号)は、昨年4月に未成年女性への事件を起こし芸能界を引退した元 TOKIO ・ 山口達也 の近況を報じている。

「セブン」によれば、山口は現在都内のワンルームマンションでひとり暮らしをしており、躁うつ病の治療を続けながら、自宅周辺でのウォーキングなどトレーニングを続けているという。

記事内では記者の問いかけに対して覚束ない反応を示しているが、引退前の山口を知るテレビ局関係者は語る。

事件、そして引退から1年が経ち、一部では芸能界復帰をめぐる報道もたびたびみられるが、「セブン」記事を読む限り、心身ともに回復までには時間を要するのではないかと感じられる。

すでに俳優として活躍している松岡昌宏と長瀬智也は、俳優業と音楽業に専念したいという気持ちが強く、山口と仲の良かった国分太一もMCの仕事で忙しく、来年の東京五輪では局のメインキャスターなど大きな仕事が確実視されているなか、山口の件どころではない。

出典: 山口達也、激変報道…会話困難&激太り寸前で困窮生活、TOKIOへ復帰も絶望的 Business Journal


元の記事を読む