SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

岐阜の銘柄豚「ノアのコンテナ」で豚コレラから守れ

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


家畜伝染病「豚(とん)コレラ」が生産拠点だけでなく、種豚の供給元でも発生したためだ。

同県山県市の養豚場で6月上旬に豚コレラの発生が確認され、飼育されていた約8千頭の子豚が殺処分された。

昨年9月に国内で26年ぶりに発生が確認されてから17施設目(当時)で、県内の殺処分は計5万頭を超えているが、今回は養豚関係者の衝撃がとりわけ大きかった。

県内に3カ所しかないボーノポークの生産拠点だったからだ。

霜降りの割合は一般的な豚肉の約2倍で、県畜産研究所(同県美濃加茂市)が約10年かけて開発に成功した。

出典: 岐阜の銘柄豚「ノアのコンテナ」で豚コレラから守れ 朝日新聞デジタル


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ