SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

小西洋之参院議員、高須院長の「刑事告訴」検討に反撃「不当な行為に及ぶなら強力な法的措置で対抗する」

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


高須氏の刑事告訴検討について小西氏は「高須氏が弁護士に相談すべきは、ホロコースト否定発言も含め、自身のCM出演が民放連の放送基準に違反しないかである。

さらに「同時に、放送倫理委員会(BPO)に高須氏出演CMが民放連基準に違反しないか審査申し立てを行い、国会でも取り上げる」とつづった。

自説は国会で堂々と発言してください。

高須氏をCMに登場させることは法令尊重、国際親善等を定めた民放連放送基準に抵触するのではないか」とツイッターで異議を唱え、ネットニュースで報じられていた。

このツイートに高須氏はこの日、「大西議員と異なり、小西議員の場合は国会外での発言だから刑事告発できるかもしれないな。

出典: 小西洋之参院議員、高須院長の「刑事告訴」検討に反撃「不当な行為に及ぶなら強力な法的措置で対抗する」 スポーツ報知


元の記事を読む