SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

ビットポイント親会社、株価が連日ストップ安かつて株主にビットコイン無償配布、“注目銘柄”から一転(ITmedia NEWS)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


かつては株主にビットコインを無償配布するなど話題を呼び、人気銘柄となったが、一転して厳しい状況に置かれている。

17年には金融庁の審査を通過し、仮想通貨交換業者として登録された。

これらの銘柄はホットウォレットで管理しており、秘密鍵が第三者に窃取されたことが流出の要因という。

他社の仮想通貨流出問題に目を向けると、18年に「Zaif」で約70億円相当が流出した際、当時の運営元であるテックビューロは記者会見などを行わなかった(現在はフィスコ仮想通貨取引所が運営)。

そのため、テックビューロは未上場ではあるものの、「説明責任を果たしていない」などと批判を集めていた。

出典: ビットポイント親会社、株価が連日ストップ安かつて株主にビットコイン無償配布、“注目銘柄”から一転(ITmedia NEWS) Yahoo!ニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ