SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

フェデラー対ナダルがウィンブルドンで再び、過去3度の熱戦を振り返

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


ナダルと8度目の対戦で2勝目を挙げた第1シードのフェデラーにとっては、これが四大大会(グランドスラム)通算8勝目だった。

この年、フェデラーは全仏オープンテニス( French Open )で2連覇を果たしたナダルに4敗を喫したが、2002年を最後に負けていないウィンブルドンでは常に優勝候補の筆頭だった。

ナダルはスペイン勢として1966年のマニュエル・サンタナ( Manuel Santana )氏以来となる優勝を目指していた。

「ロジャーは信じられない」と脱帽したナダルだが、フェデラーの1976年のビョルン・ボルグ( Bjorn Borg )氏以来となる1セットも落とさない完全優勝を阻んだ。

オープン化以降では大会最長となるボルグ氏の5連覇に並んだフェデラーは「どれだけ続けられるかは分からないが、精神的にも肉体的にもこれから何年も万全でいる自信がある」と話した。

出典: フェデラー対ナダルがウィンブルドンで再び、過去3度の熱戦を振り返


元の記事を読む

関連記事

「ナダル」のその他の記事

こちらの記事もオススメ