SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

桐生以来の衝撃!サニブラウン9秒99、20歳のいだてんが2人目“壁”突破/

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


日本勢2人目の9秒台をマークしたサニブラウン(中央)。

陸上・米大学南東地区選手権(11日、米アーカンソー州フィエットビル)男子100メートル決勝で20歳のサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が追い風1・8メートルの条件下、日本歴代2位の9秒99をマークして優勝した。

2017年9月に9秒98の日本記録を樹立した桐生祥秀(23)=日本生命=に続き、日本勢2人目の9秒台となった。

自己ベストを0秒06更新し、20年東京五輪の参加標準記録(10秒05)を突破した。

フロリダ大で腕を磨く2年生は、いたって冷静。

出典: 桐生以来の衝撃!サニブラウン9秒99、20歳のいだてんが2人目“壁”突破/ サンケイスポーツ


元の記事を読む