SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

金属バット、最大径をさらに制限へ高野連が見直し着手

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


金属製バットは打球部の金属の肉厚を薄くすることで、ボールをより速く、遠くへ飛ばすことができる。

今回の見直しでは、最大径をさらに64ミリに制限する予定だ。

木製バットの平均値に近くなるという。

ただし、この基準は反発力を抑えることに特化したもので、安全性も重視する日本での採用は難しいという。

そこで日本独自の基準を作り、従来通り製品安全協会が検査する方向になった。

出典: 金属バット、最大径をさらに制限へ高野連が見直し着手 朝日新聞


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ