SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

錦織圭、「芝の帝王」フェデラーに敗れベスト8敗退 ウィンブルドン

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


◇ テニスウィンブルドン選手権 第9日 (2019年7月10日 英ロンドン・オールイングランド・クラブ)男子シングルス準々決勝が行われ、第8シードの 錦織圭 (29=日清食品)は第2シードの ロジャー・フェデラー (37=スイス)と対戦。

錦織は初のウィンブルドン4強、4大大会最多20度優勝を誇るフェデラーは、ウィンブルドン通算100勝目が懸かった一戦となった。

錦織は1セット第1ゲームでいきなりのブレークに成功。

だが、第2セットで主導権を握ったのはフェデラー。

錦織は第2セット以降全く隙を見せなかった“芝の帝王”に屈し、2年連続の準々決勝敗退となった。

出典: 錦織圭、「芝の帝王」フェデラーに敗れベスト8敗退 ウィンブルドン ライブドアニュース


元の記事を読む

関連記事

「第2セット」のその他の記事

こちらの記事もオススメ