SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

ラグビー日本代表強豪10カ国・地域と対戦、得られた貴重な教訓W杯で実を結ぶか

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


20日に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の壮行試合「リポビタンDチャレンジカップ2019」(6日、埼玉・熊谷ラグビー場)で、日本(世界ランキング10位)はW杯優勝2回を誇る強豪の南アフリカ(同5位)に挑む。

南アフリカとの対戦は劇的な逆転勝利を収めた2015年W杯イングランド大会1次リーグ以来で2回目。

初の8強進出に向けた試金石として注目される。

15年W杯前の4年間はティア1と5試合(2勝3敗)しか対戦できず、経験不足が懸念された。

7~8月の国際大会では苦手とするフィジー(同9位)を8年ぶりに破るなどして全勝優勝を果たした。

出典: ラグビー日本代表強豪10カ国・地域と対戦、得られた貴重な教訓W杯で実を結ぶか 毎日新聞


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ