SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

高田純次が首都高速で接触事故今回の対処の問題点は?正しい対処法を専門家が解説! - FNN.jpプライム

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


高田さんの事務所によると、事故を起こしたことを認めた上で、絶対に当て逃げではないと説明 している。

安藤優子: 20万円という示談の金額を提示したことについてはどう思われますか? 違反した場合、3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金・危険防止等措置義務違反に当たる可能性も⇒事故によって道路上に危険が生じた場合、運転手はそれを防止する措置をとる必要がある。

当事者は、被害者の側に立てば少しでも被害状況を大きく申告したいですし、加害者の側は少しでも加えた危害の程度を小さくしたいという意識がどうしても働きます。

しかも有名人は対応のすべてがこういう風に報じられる可能性もあるので、面倒かもしれないけど、ちゃんとした方法を取るのが結局は一番いいんです。

出典: 高田純次が首都高速で接触事故今回の対処の問題点は?正しい対処法を専門家が解説! - FNN.jpプライム 日刊スポーツ


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ