SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

朝乃山初優勝、富山県出身者では103年ぶり2人目 - 大相撲

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


令和最初の優勝は、西前頭8枚目の朝乃山(25=高砂)が飾った。

大関豪栄道(33=境川)を寄り切って12勝目を挙げ、結びの一番で1差で追っていた横綱鶴竜(33=井筒)が関脇栃ノ心(31=春日野)に敗れ、14日目で自身の初優勝を決めた。

1場所15日制定着の1949年夏場所以降では昨年初場所の栃ノ心以来、21度目の平幕V。

同県出身者からの幕内優勝は、1916年夏場所の第22代横綱太刀山以来で103年ぶり2人目。

高砂部屋からは2010年初場所の朝青龍以来となった。

出典: 朝乃山初優勝、富山県出身者では103年ぶり2人目 - 大相撲 日刊スポーツ


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ