SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

セキュアメッセージングアプリには自己破壊ボタンを!

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


すでにいくつかの専用の 「パニックボタン」タイプのアプリ が存在しており、またApple(アップル)は思慮深く「緊急モード」(電源ボタンを素早く5回押すと緊急モードに移行する)を開発し、生体認証ではロックが解除されないようにした上で、一定時間内にアンロックされないと内容が消えてしまうようにした。

この場合自分のアカウントとデータは自由意志でいつでも削除することができる。

自己破壊タイマー Telegramの機能と似ているが、より優れたやりかただ。

明らかに、これらは災難と虐待への新たな道も切り拓く。

最終的には、これらの役割は専用のアプリやそれらが動作するオペレーティングシステムの開発者によって提供されることになるかもしれないが、最も先進的なセキュリティを提供するアプリケーションたちがまずこの分野で手本を示すことは理にかなった話だろう。

出典: セキュアメッセージングアプリには自己破壊ボタンを! TechCrunch


元の記事を読む