SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

今平周吾、ドライバー割れ悪天候の悪条件も暫定3位 - 国内男子

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


濃霧のため、日没サスペンデッドとなった第2日で、2位から出た今平周吾(26=フリー)は、3バーディー、1ボギーの69で回り、通算6アンダー、136の暫定3位でフィニッシュした。

朝の練習でドライバーが割れ、急きょ、新ドライバーで出場したが、冷静に対応し、上位につけた。

今平が雷、雨、濃霧の「三重苦」をはねのけて上位に食い込んだ。

18番ホールのグリーン上で日没サスペンデッドのホーンが鳴り、ぎりぎりで第2日を終えられる幸運に恵まれ「結構、雨が降っていたので長く感じましたね。

さらなるピンチを招いたものの、新ドライバーと古いドライバーを2本入れ冷静に対処し、乗り切った。

出典: 今平周吾、ドライバー割れ悪天候の悪条件も暫定3位 - 国内男子 日刊スポーツ


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ