SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

ドッカンターボのじゃじゃ馬ばかり 高性能コンパクトカー5

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


日本初のツインチャージャーが搭載された「マーチスーパーターボ」 初代日産「マーチ」は1982年に発売され、世界戦略車として国内のみならずヨーロッパでもヒットしたコンパクトカーです。

出力は110馬力とマーチRから変わらず、スーパーチャージャーによる低速域のパワーと、ターボによる高速域のパワーを両立しており、全域に渡って高い性能を発揮しました。

そのための競技車両として「ストーリアX4」や「ブーンX4」が開発されました。

サスペンションも標準車よりチューニングされ、高い走行性能を誇っていました。

発売1ヶ月受注が目標の8倍となる24000台と好調な滑り出し NEW 2019.5.16 世界で広がる「歩車分離」 歩行者事故を減らすには都市開発レベルの施策が必要?

出典: ドッカンターボのじゃじゃ馬ばかり 高性能コンパクトカー5 くるまのニュース


元の記事を読む