SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

天皇陛下の「即位の礼」儀式で用いる「三種の神器」の歴史

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


「即位礼正殿の儀」で用いられる高御座(左)。

祝賀パレードは台風19号の被害を考慮し11月10日に延期されたが、祝宴である「饗宴の儀」は31日まで計4回、催される予定だ。

『日本書紀』には、八坂瓊曲玉と八咫鏡は「天石窟(あまのいわや)に籠もった天照大神を誘い出すために使用された神器」で、草薙剣は「素戔嗚尊(すさのおのみこと)が八岐大蛇(やまたのおろち)を退治したとき、その尾の中から得た剣」と記されている。

むしろ、皇位継承儀式のためにつくられたオリジナルと認識すべきであろう。

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番 号6091713号)です。

出典: 天皇陛下の「即位の礼」儀式で用いる「三種の神器」の歴史 NEWSポストセブン


元の記事を読む

関連記事

「即位の礼」のその他の記事

こちらの記事もオススメ