SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

【エプソムC】紅一点のサラキアが逃げて2着丸山「勝ち馬が強かった」

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


6月9日の東京11Rで行われた第36回エプソムカップ(3歳以上オープン、GIII、芝1800メートル、別定、13頭立て、1着賞金=4100万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の5番人気レイエンダ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が2番手追走から直線もしぶとく脚を伸ばし、逃げた7番人気のサラキアを3/4馬身差捕らえて1着、一昨年のダービー馬レイデオロの全弟という良血馬が待望の重賞初制覇を飾った。

タイムは1分49秒1(稍重)。

上々のスタートからハナに立った7番人気で紅一点のサラキアは、スローペースに落としレースを進め、直線粘り込みを図るも2番手追走の勝ち馬にゴール前交わされ惜しくも2着に敗れた。

丸山元気騎手「スタートして周りの馬も行くそぶりがなかったので、そのままリズム良く行かせた。

出典: 【エプソムC】紅一点のサラキアが逃げて2着丸山「勝ち馬が強かった」 サンケイスポーツ


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ