SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

「小畑健展」内覧会で30年の歩みを本人が回想「個性がない絵だって思っていた」

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


小畑健 の画業30周年を記念した展覧会「画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE」が、明日7月13日より東京・アーツ千代田3331にて開催される。

『目指したい表現はまだまだ描く先にある──』」という小畑の思いが込められている。

また自身の絵については「個性がなく、マンガ的な絵ではないことがコンプレックスだった」と明かしながら、「実はそういうあまり主張しない絵だったおかげで、さまざまな原作者と組めて、色んな作品を残せたんじゃないかと(今回の原画展を開催するにあたって)気付かされました。

また会期中にも作品に手を加え変化していくという描き下ろしイラスト「NEVER COMPLETE」については、「『NEVER COMPLETE』というテーマで、原作がない状態で自分の絵を描くっていうのは、自分でもどういう絵ができあがるのか楽しみです。

なお少年ジャンプ+では明日7月13日0時に小畑による「DEATH NOTE」の新作読み切りネームと、週刊少年ジャンプ2008年11号(集英社)に掲載された「DEATH NOTE」の特別読み切りを公開する。

出典: 「小畑健展」内覧会で30年の歩みを本人が回想「個性がない絵だって思っていた」 コミックナタリー


元の記事を読む

関連記事

こちらの記事もオススメ