SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

ヤフーと傘下のアスクル 経営主導権めぐり対立表面化

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


アスクルの業績が低迷しているため、平成9年から続く岩田社長を中心とした経営体制を刷新し、若返りを図る必要があるとしています。

両社は7年前に資本・業務提携を結び、ヤフーは現在、アスクルの株式の45%を持つ筆頭株主です。

またヤフーに次ぐ大株主で11%を持つオフィス用品大手の「プラス」も、岩田社長の再任に反対するとしています。

一方、アスクル側はヤフーから岩田社長の退陣要求を受けたと明らかにしたうえで、ヤフーに対して資本・業務提携の解消を申し入れたとしています。

両社は提携したあと、家庭向けの日用品や食品のネット通販「LOHACO」を始めるなど協力を深めてきましたが、楽天やアマゾンなどとの競争が激しくなる中、経営の主導権をめぐる対立が表面化した形です。

出典: ヤフーと傘下のアスクル 経営主導権めぐり対立表面化 NHKニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ