SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

吉田輝星が「ハンカチ化」する危険は消えたのか 「いきなりの快投」にも「まだまだ課題山積み」の声も | (Japan Business Press

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


北海道日本ハムファイターズのドラフト1位ルーキー・吉田輝星投手が6月12日、本拠地・札幌ドームで行われたセ・パ交流戦の広島東洋カープ戦でプロ初登板初先発を果たし、5回4安打1失点で初白星を挙げた。

試合後はお立ち台にも立って嬉しい勝ち名乗りを受けた。

ヒーローインタビューで、謙虚な姿勢ながらも力強い言葉を口にすると、本拠地のスタンドからは万雷の拍手と大歓声が沸き起こった。

昨年、夏の甲子園では秋田県代表・金足農業高校のエースとして力投を続けて準優勝。

端正な顔立ちから一躍アイドル的存在となり、昨秋のドラフトで1位指名された日本ハムに入団すると一軍デビュー登板に注目が集まっていた。

出典: 吉田輝星が「ハンカチ化」する危険は消えたのか 「いきなりの快投」にも「まだまだ課題山積み」の声も | (Japan Business Press JBpress


元の記事を読む