SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

BITPointがハッキング被害、35億円相当の仮想通貨が不正流出 〜7月12日に全サービスを停止。再開時期は未

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


(Image: Shutterstock.com) 株式会社リミックスポイントは7月12日、子会社である株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨交換所「BITPoint」にて、仮想通貨の不正な流出が判明したことを明らかにした。

コールドウォレットで管理している仮想通貨や法定通貨については、流出は確認されていないという。

詳細が判明次第、公表する予定とのこと。

BITPointは本日12日、午前6時30分より緊急システムメンテナンスを実施し、仮想通貨の送金(送付)、受金(預入)のサービスを停止していたが、午前10時30分頃より新たに取引および送受金等を含む全サービスの停止を告知し実施した。

ユーザーは、同社からのお知らせに注意していただきたい。

出典: BITPointがハッキング被害、35億円相当の仮想通貨が不正流出 〜7月12日に全サービスを停止。再開時期は未 仮想通貨 Watch


元の記事を読む