SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

貴景勝が休場、新大関が翌場所かど番は8人目 - 大相撲 : 日刊スポーツ

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


新大関の貴景勝(22=千賀ノ浦)が16日、右膝負傷のため夏場所5日目から休場することを決めた。

5日目の対戦相手だった玉鷲は不戦勝になる。

この日、師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)が「無理に取って相撲人生を終わらすわけにはいかない。

「痛めてないです」と言い張り、気丈に振る舞い詳細は明かさなかったが、千賀ノ浦親方は、16日に出場の可否を判断するとしていた。

翌場所も負け越して大関陥落したのは、過去に武双山だけ。

出典: 貴景勝が休場、新大関が翌場所かど番は8人目 - 大相撲 : 日刊スポーツ FNN.jpプライムオンライン


元の記事を読む