SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

「今季最高得点の宇野がこの日一番大変だったのは待ち時間」米紙報じる/フィギュア

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


フィギュアスケート・四大陸選手権第3日(9日、米アナハイム)男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で、4位の平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=はフリーで今季世界最高となる197・36点をマーク。

合計289・12点でシニアの主要国際大会初制覇を果たした。

米紙「Whittier Daily News」は、「ショウマ・ウノ、復活のスケートで四大陸選手権制覇」との見出しを打って、「オリンピック銅メダリストのウノがフリーでシーズンベストの197・36点をマークし、合計289・12点で総合優勝した」と報じた。

同紙は、「ショウマ・ウノにとってこの日もっとも大変だったことは待ち時間だった。

ウノは自分の演技を終えた後、バックステージに戻って残り4人のスケーターが演技を終えるのを待たなければならなかった」とし、「そのうちの3人はSPを終えてウノの上位だったが、この日は誰一人としてウノを脅かすことはできなかった」と伝えた。

出典: 「今季最高得点の宇野がこの日一番大変だったのは待ち時間」米紙報じる/フィギュア サンケイスポーツ


元の記事を読む